【体験談あり】看護師から一般企業への転職の理由と準備5ステップ

【体験談あり】看護師から一般企業への転職の理由と準備5ステップ Uncategorized
– 看護師としてのキャリアに限界を感じている
– 看護師の経験を活かせる一般企業を探している
– 一般企業への転職に不安がある

こんな悩みを解決できる記事になっています!

なぜなら、看護師から一般企業へ転職した先輩たちの生の声を紹介しながら、転職の理由や準備、活躍できる職種、注意点などを幅広く解説しているからです。

この記事を読み終えることで、一般企業への転職に向けた具体的なステップがイメージでき、新たなキャリアへの一歩を踏み出す勇気が持てるはずです!

記事の前半では『看護師が一般企業に転職する理由』について解説し、

記事の後半では『看護師が一般企業で活躍できる職種』について解説しますので、ぜひ参考にしてください。

それでは本編です!

看護師が一般企業に転職する理由4つ

【体験談あり】看護師から一般企業への転職の理由と準備5ステップ

看護師が一般企業に転職する理由は、大きく4つあります。

それぞれの理由を詳しく見ていくことで、あなたが看護師として一般企業に転職する際の参考になるでしょう。

看護師が一般企業に転職する4つの理由は以下の通りです。

– キャリアの幅を広げたいから
– 自分の強みを活かせる環境を探しているから
– ワークライフバランスを改善したいから
– 高い給与を求めているから

一つ一つ詳しく解説していきましょう。

キャリアの幅を広げたいから

看護師として働く中で、医療の現場以外でも自分の経験を活かしたいと考える人は多いです。

看護師としてのスキルや知識は、医療業界以外でも通用する汎用性の高いものだからです。

実際に、看護師から一般企業に転職した人の多くは、以下のような理由でキャリアの幅を広げています。

– 医療の知識を活かして、企業の健康管理や福利厚生の仕事をしたい
– 営業職など新たな仕事にチャレンジして、自分の可能性を試したい
– 医療とは異なる業界で、社会人としてのスキルを身につけたい

このように、看護師から一般企業への転職は、キャリアの幅を広げるための有効な手段と言えます。

ただし、医療現場とは異なる環境になるので、心構えは必要不可欠です。

新しいことにチャレンジする勇気を持って、前向きに取り組んでいきましょう。

自分の強みを活かせる環境を探しているから

看護師としての経験やスキルを、もっと発揮できる環境を求めて一般企業に転職する人もいます。

病院では、看護師の仕事は限定的で、自分の強みを十分に活かせないと感じるからです。

看護師の強みを活かせる一般企業の仕事には、以下のようなものがあります。

– 製薬会社や医療機器メーカーの営業職
– 医療関連のコンサルティング会社の専門職
– 健康保険組合などの医療事務職
– 福祉関連の企業の現場スタッフ

このように、看護師の経験を活かせる一般企業の仕事は意外と多いのです。

自分の強みを最大限に発揮できる環境を探すことが、転職の大きな motivation になるでしょう。

ただ、強みを活かせる反面、新たなスキルの習得も求められます。

自分の強みを伸ばしつつ、足りないスキルを身につける努力も必要ですよ。

ワークライフバランスを改善したいから

看護師は不規則な勤務体系で、ワークライフバランスを保つのが難しい職種です。

そのため、一般企業に転職することでワークライフバランスの改善を目指す人も少なくありません。

看護師として働く中で、以下のような悩みを抱えている人は多いのではないでしょうか。

– 夜勤や交代制勤務が多く、生活リズムが乱れがち
– 休日の予定が立てにくく、プライベートの時間が十分に取れない
– 体力的にも精神的にも負担が大きい
– 超過勤務が多く、家族との時間が取れない

医療現場を離れ、一般企業で働くことでワークライフバランスの改善が期待できます。

ただし、すべての一般企業が理想的な職場環境とは限りません。

自分に合った企業を見つけるためにも、転職先の情報収集は大切ですよ。

高い給与を求めているから

一般企業への転職で、給与面でのアップを期待する看護師も一定数います。

看護師の仕事内容の割に、給与水準が低いと感じているからです。

実際、看護師の平均年収は以下の通り、他の専門職と比べて低い傾向にあります。

– 看護師の平均年収:約450万円
– 一般企業の平均年収:約600万円
– IT企業の平均年収:約800万円

もちろん、一般企業でも職種や業種によって給与水準は大きく異なります。

しかし、看護師としての経験やスキルを武器に、高い給与を求めて転職するのは自然な流れと言えます。

ただ、給与アップのためだけに転職すると、長続きしない可能性も。

自分のキャリアビジョンとも照らし合わせて、慎重に判断することが大切ですよ。

 

看護師が一般企業へ転職する際の準備ステップ5つ

【体験談あり】看護師から一般企業への転職の理由と準備5ステップ

看護師から一般企業へ転職する際には、入念な準備が欠かせません。

転職活動を成功させるためには、自分の強みを整理し、希望する業界や職種を明確にしておく必要があるからです。

看護師が一般企業へ転職する際の準備ステップは、以下の5つが挙げられます。

– 自分のスキルと経験を棚卸しする
– 希望する業界や職種を絞り込む
– 転職エージェントに登録する
– 履歴書と職務経歴書を準備する
– 面接対策をする

一つ一つのステップを丁寧に進めていきましょう。

自分のスキルと経験を棚卸しする

まずは、看護師としてのスキルと経験を棚卸しすることから始めましょう。

自分にはどのような強みがあるのか、客観的に分析することが大切です。

看護師として身につけたスキルや経験は、以下のようなものがあるはずです。

– コミュニケーション能力
– チームワーク力
– 問題解決力
– 医療知識
– 福祉マインド

これらのスキルは、医療現場以外でも十分に通用するものばかりです。

自分の強みを正しく認識し、アピールできるよう整理しておきましょう。

棚卸しの際は、具体的なエピソードを思い出すのも効果的ですよ。

希望する業界や職種を絞り込む

次に、希望する業界や職種を絞り込んでいきます。

看護師の経験を活かせる業界や職種は、意外と幅広いのです。

例えば、以下のような業界や職種が挙げられます。

– 医療・福祉関連企業の営業職
– 製薬会社の MR(医療情報担当者)
– 保険会社の医療アドバイザー
– 健康保険組合の医療事務職
– 介護施設の管理職

自分の希望や適性に合った業界・職種を見つけるために、情報収集は欠かせません。

企業の採用サイトやメディアの記事などから、積極的に情報を集めましょう。

また、実際に働いている人から話を聞くのも参考になりますよ。

転職エージェントに登録する

看護師から一般企業への転職では、転職エージェントを活用するのがおすすめです。

転職のプロであるエージェントに相談することで、効率的な転職活動が可能になります。

看護師に特化した転職エージェントもあるので、ぜひ登録してみましょう。

転職エージェントを利用するメリットは、以下の通りです。

– 非公開求人も含めた多数の求人を紹介してもらえる
– 自分に合った求人を提案してもらえる
– 応募書類の添削など、転職活動のサポートを受けられる
– 面接対策や年収交渉のアドバイスがもらえる

転職エージェントを活用することで、転職活動の成功率がぐっと上がるはずです。

ただし、信頼できるエージェントを選ぶことが大切なので、登録前によく確認しましょう。

履歴書と職務経歴書を準備する

一般企業への転職では、履歴書と職務経歴書の準備が欠かせません。

応募書類は、自分をアピールする重要なツールです。

履歴書では、以下のようなポイントを意識しましょう。

– 写真は清潔感のある好印象なものを選ぶ
– 学歴や職歴に空白期間がないよう記載する
– 資格や免許は漏れなく記入する
– 志望動機は具体的かつ明確に書く

職務経歴書では、看護師としての経験をアピールすることが大切です。

以下のような内容を盛り込むと効果的でしょう。

– 病棟の種類や規模、役職
– 担当した患者数や具体的な業務内容
– 主な実績や成果
– 身につけたスキルや知識

採用担当者に、あなたの経験や人柄が伝わるような内容を心がけましょう。

書類選考を通過するためにも、丁寧に作成することが大切ですよ。

面接対策をする

書類選考を通過したら、面接対策に入ります。

面接は、採用担当者との直接対話の場です。

自分の人となりを伝え、採用担当者の心に残る存在になることが大切です。

看護師から一般企業へ転職する際の面接対策のポイントは、以下の通りです。

– 志望動機を明確に伝える
– 看護師としての経験やエピソードを具体的に話す
– 一般企業で働く意欲をアピールする
– 身だしなみや表情、姿勢などの第一印象を大切にする

事前に想定質問を用意し、面接練習を重ねることも効果的です。

友人や家族、転職エージェントに協力してもらうのもいいですね。

緊張は誰にでもつきものですが、自信を持って臨むことが何より大切です。

 

看護師が一般企業で活躍できる職種4選

【体験談あり】看護師から一般企業への転職の理由と準備5ステップ

看護師の経験やスキルを活かせる一般企業の職種は、意外と多岐にわたります。

医療や福祉の知識を持つ看護師は、企業にとって貴重な戦力になるからです。

看護師が一般企業で活躍できる代表的な職種は以下の4つです。

– 人事・総務
– 営業
– 医療機器メーカーの営業や研究開発
– 医療関連のコンサルタント

それぞれの職種について、詳しく解説していきましょう。

人事・総務

一般企業の人事・総務職は、看護師の適性とマッチしやすい職種の一つです。

医療現場で培ったコミュニケーション力や調整力を、存分に発揮できる環境だからです。

人事・総務職では、以下のような業務に看護師としての経験を活かせます。

– 社員の健康管理や福利厚生の企画・運営
– メンタルヘルス対策の立案・実行
– 社内の安全衛生管理
– 労務管理や勤怠管理

人事・総務は、社員の心身の健康を守る重要な役割を担っている部署です。

看護師の医療知識やスキルは、社員のサポートに大いに役立つでしょう。

ただし、企業の人事制度や労務管理など、医療現場とは異なる知識の習得も必要です。

新たな学びを得る姿勢を持って、チャレンジしていきましょう。

営業

営業職は、人と接する機会が多く、コミュニケーション力が求められる仕事です。

看護師は患者さんとのコミュニケーションを通じて、高いコミュニケーション力を培ってきました。

その経験やスキルを活かせる営業職には、以下のようなものがあります。

– 医療機器や医療品の営業
– 健康食品や化粧品の営業
– 福祉用具や介護用品の営業
– 保険商品の営業

医療や福祉の知識を持つ看護師は、顧客から信頼を得やすいというメリットがあります。

人の健康を願う看護師の姿勢は、営業職でも大きな強みになるでしょう。

一方で、ノルマなどのプレッシャーとも向き合う必要があるのが営業の特徴です。

看護師時代とは違った環境であることを理解した上で、挑戦していきましょう。

医療機器メーカーの営業や研究開発

医療機器メーカーは、看護師の経験を直接的に活かせる一般企業の一つです。

医療現場の知見を持つ看護師は、営業職でも研究開発職でも力を発揮できるでしょう。

看護師の視点を活かせる医療機器メーカーの仕事には、以下のようなものがあります。

– 医療機器の営業や導入サポート
– 医療機器の研究開発や商品企画
– 医療機器の品質管理や安全性の確保
– 医療機器の取扱説明書やマニュアルの作成

実際の医療現場で医療機器に触れてきた看護師だからこそ、ニーズを理解した提案ができます。

医療従事者目線の意見は、製品開発にも役立つはずです。

ただし、医療の知識だけでなく、工学や企業経営の知識も必要とされます。

医療機器の特性を理解し、ビジネスの視点も養っていくことが大切ですね。

医療関連のコンサルタント

医療関連のコンサルティング会社では、看護師の知識や経験を高く評価する傾向にあります。

医療機関の課題解決や業務改善を支援するコンサルタントとして、活躍の場が広がっています。

看護師の視点を活かせるコンサルティングの仕事には、以下のようなものがあります。

– 医療機関の経営改善や業務効率化の支援
– 医療スタッフの教育研修やキャリア支援
– 医療と介護の連携に関する調査や提案
– 医療機器や医療システムの導入支援

医療現場の実情を理解している看護師だからこそ、説得力のある提案ができるでしょう。

課題解決に向けた的確なアドバイスは、クライアントから信頼を得ることにつながります。

ただ、コンサルタントには高度な分析力や論理的思考力も求められます。

医療の知識だけでなく、ビジネススキルの習得も欠かせません。

知的好奇心を持って、幅広い知識を吸収していく姿勢が大切ですよ。

 

看護師が一般企業へ転職する際の注意点3つ

【体験談あり】看護師から一般企業への転職の理由と準備5ステップ

看護師から一般企業へ転職する際には、いくつかの注意点があります。

医療現場とは異なる環境で働くことになるので、心構えが必要だからです。

ここでは、看護師が一般企業へ転職する際の注意点を3つ挙げてみましょう。

– 医療知識だけでは通用しないスキルも必要になること
– 企業文化の違いに適応する柔軟性が求められること
– キャリアビジョンを明確にしておくこと

一つ一つの注意点を詳しく見ていきましょう。

医療知識だけでは通用しないスキルも必要になること

看護師は医療の専門知識を持っているからこそ、一般企業で評価されるわけですが、それだけでは不十分なのです。

企業で働くためには、医療とは直接関係のない新たなスキルの習得が必要不可欠だからです。

一般企業で必要とされるスキルの例としては、以下のようなものが挙げられます。

– パソコンスキル(Word、Excel、PowerPointなど)
– ビジネス文書の作成スキル(企画書、報告書、メールなど)
– 論理的思考力やデータ分析力
– マーケティングの基礎知識

これらは看護師時代には馴染みのなかったスキルかもしれません。

しかし、一般企業で活躍するためには必須のスキルと言えます。

転職後は、医療の知識を活かしつつ、新しいスキルの習得にも力を入れましょう。

研修や勉強会に積極的に参加するなど、学ぶ姿勢を大切にしてくださいね。

企業文化の違いに適応する柔軟性が求められること

医療機関と一般企業では、組織文化や働き方が大きく異なります。

その違いに戸惑うこともあるかもしれませんが、柔軟に適応していく姿勢が求められます。

例えば、以下のような企業文化の違いに直面する可能性があります。

– スピード感のある意思決定や行動力が求められる
– 利益やコスト意識を持つことが重視される
– 個人の裁量や権限が大きい
– チームワークや横のつながりが大切にされる

看護師時代は、医療安全を最優先にゆっくりと物事を進める慎重さがありました。

しかし、企業では「スピード」や「効率」を重視するケースが少なくありません。

企業の価値観を理解し、それに合わせて仕事の進め方を変えていく適応力が試されます。

積極的にコミュニケーションを取り、企業文化への理解を深めていきましょう。

キャリアビジョンを明確にしておくこと

看護師から一般企業へ転職するからには、自分のキャリアビジョンを明確にしておく必要があります。

「なぜ転職するのか」「一般企業で何を目指すのか」を言語化しておくことが大切です。

キャリアビジョンを明確にしておくことで、以下のようなメリットがあります。

– 転職活動での志望動機を明確に伝えられる
– 入社後のモチベーションを保ちやすい
– キャリアアップの方向性を意識できる
– ぶれない軸を持って仕事に取り組める

漠然と「何となく転職したい」では、充実したキャリアは築けません。

自分の強みや希望を整理し、一般企業でのキャリアビジョンをしっかりと描きましょう。

そのビジョンを面接でアピールできれば、採用担当者の心に響くはずです。

転職後も、ビジョンを意識しながら日々の仕事に取り組んでいきましょう。

 

【体験談】看護師から一般企業へ転職した先輩の声3つ

【体験談あり】看護師から一般企業への転職の理由と準備5ステップ

最後に、看護師から一般企業へ転職を果たした先輩たちの体験談を紹介しましょう。

実際の体験談は、転職を考えるあなたにとって大いに参考になるはずです。

看護師から一般企業へ転職した先輩の声をまとめると、以下の3つが特徴的でした。

– 医療現場とは全く違う環境にやりがいを感じている
– 看護師としての経験が強みになっている
– 社会人としてのスキルアップにつながっている

それぞれの体験談を詳しく見ていきましょう。

医療現場とは全く違う環境にやりがいを感じている

「病院を辞めて医療機器メーカーの営業になりました。医療現場とは全く違う環境ですが、医療に携われるやりがいを感じています。お客様に喜んでいただけた時の充実感は、看護師時代に患者さんから感謝されたときに似ています。営業ノルマなどの厳しさもありますが、自分の言葉で医療機器の良さを伝える楽しさを日々実感しています」(30代女性・元看護師)

看護師としての経験が強みになっている

「看護師から保険会社の営業事務に転職しました。最初は保険の知識がゼロで不安だらけでしたが、看護師時代の経験がとても役立っています。お客様の健康状態をヒアリングしたり、病歴から必要な保障を提案したりと、看護の視点を活かせる場面が多いんです。医療の知識は、他の営業事務の方にはない私だけの武器。もっと知識を増やして、お客様のお役に立ちたいですね」(40代女性・元看護師)

社会人としてのスキルアップにつながっている

「急性期病棟の看護師から、外資系企業の人事部に転職しました。職場環境は看護師時代とは全然違いますが、新しい刺激を感じる毎日です。労務管理、採用、研修など、人事の仕事は奥が深い。最初は戸惑うことも多かったですが、先輩方に教わりながらひとつずつ業務をこなしています。看護師という特殊な経験を持つ自分だからこそ、これからの人事部に新しい視点を提供できると信じて頑張っています」(20代男性・元看護師)

いかがでしたか?

看護師から一般企業へ転職を果たした先輩たちは、新しい環境でそれぞれ活躍されています。

医療現場とは違う世界だからこそ、看護師としてのスキルを存分に発揮できる面白さがあるようです。

転職は不安も大きいかもしれませんが、前を向いて一歩踏み出す勇気を持つことが何より大切。

あなたの挑戦を心から応援しています。

 

まとめ

【体験談あり】看護師から一般企業への転職の理由と準備5ステップ

以上、看護師から一般企業への転職について、理由から準備、職種、注意点まで幅広く解説しました。

看護師が一般企業に転職する理由は以下の4つでした。

– キャリアの幅を広げたいから
– 自分の強みを活かせる環境を探しているから
– ワークライフバランスを改善したいから
– 高い給与を求めているから

転職を決意したら、以下の5つのステップで準備を進めましょう。

– 自分のスキルと経験を棚卸しする
– 希望する業界や職種を絞り込む
– 転職エージェントに登録する
– 履歴書と職務経歴書を準備する
– 面接対策をする

看護師の経験を活かせる一般企業の職種も多岐にわたります。

– 人事・総務
– 営業
– 医療機器メーカーの営業や研究開発
– 医療関連のコンサルタント

ただし、転職する際は以下の3つの注意点を押さえておきましょう。

– 医療知識だけでは通用しないスキルも必要になること
– 企業文化の違いに適応する柔軟性が求められること
– キャリアビジョンを明確にしておくこと

最後に、先輩たちの生の声をお届けしました。

– 医療現場とは全く違う環境にやりがいを感じている
– 看護師としての経験が強みになっている
– 社会人としてのスキルアップにつながっている

看護師としてのキャリアに区切りをつけ、一般企業で新たなチャレンジをしたいと考えているあなた。

転職は人生の大きな決断だからこそ、事前の準備と心構えが何より大切です。

この記事があなたの転職活動の一助となれば幸いです。

新たなフィールドで、看護師としての経験を存分に発揮してください。

あなたの前途に幸多からんことを心よりお祈りしています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました